So-net無料ブログ作成

インターネットエクスプローラー ie の欠陥修正更新のやり方 [ニュース、経済、リアルタイム、]

スポンサーリンク




5月2日、マイクロソフトからインターネットエクスプローラーの

修正プログラムの提供がありました。

やり方はスタートボタンから全てのプログラムを選んで

Window Updateをクリック

画面が変わりますので利用できる重要なプログラムを

選んでクリック。後は自動でインストールが行われます。

その時にBing デスクトップのチェックは外して下さい。

これは関係無く、起動が遅くなり作業効率が落ちますので。

また、スタートボタンからWindow Updateが出てこないようであれば

コントロールパネルからシステムとセキュリティを選んで

Window Updateをクリック。

やる前に全てのソフトは閉じておいたほうが

早く終わると思います。

その記事

【シリコンバレー時事】米マイクロソフト(MS)は1日(日本時間2日未明)、インターネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」にセキュリティー上の欠陥が見つかった問題で、欠陥修正プログラムを配布した。4月上旬にサポートを終了したパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」にも今回に限り対応する。
 MSは4月26日に欠陥情報を公開。ロイター通信によると、米政府はハッカー攻撃を受ける可能性があるとして不具合が改善されるまで代替ソフトの使用を検討するよう呼び掛けた。同様の欠陥はこれまでもたびたび公表されているが、今回はXPのサポートが終了していることもあり、ユーザーの間に不安が広がっていた。
 MSは1日の声明で、欠陥問題とXPのサポート終了を絡めた報道に不快感を示し、「今回の欠陥に基づく攻撃は非常に少数というのが事実で、不安が誇張された」と異例の批判を行った。また、XPへの対応について「XPからの乗り換えの検討をやめてもよいという意味ではない」と強調。セキュリティー対策が強化されている新OSへの移行を改めて求めた。
 欠陥を修正するプログラムは、OSの更新プログラム「ウィンドウズ・アップデート」を通じて配布。更新が自動的に行われる設定にしてあれば、特にユーザー側で対応する必要はないという。 



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。