So-net無料ブログ作成

マニーパッキャオ VS ブランドンリオス 11月24日動画 [ボクシング、スポーツ、芸能人、]

プロボクシングで世界王座6階級を制したマニー・パッキャオ(フィリピン)が24日、マカオで世界ボクシング機構(WBO)インターナショナル・ウエルター級王座決定戦12回戦に臨み、ブランドン・リオス(米国)を3-0の判定で下した。パッキャオは昨年12月にフアンマヌエル・マルケス(メキシコ)にTKO負けして以来、約1年ぶりの復帰戦だった。

最後に「神様が僕に力を与えた。台風で被害にあった方たちも喜んでいることでしょう」と話しています。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表 サッカー ベルギー 放送 [サッカー]

日本代表 サッカー ベルギー 放送

国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で逆転し、ベルギーの反撃を1点に抑えて3-2と勝利を収めた。


 ベルギーの各メディアは同試合について、寸評を展開。『SPORTWERELD』は、「日本はコロンビアのように非常に強いチームだった」と、14日に同じくベルギーのホームで対戦し、0-2で敗れた南米の強豪コロンビアを引合いに出し、日本を称えた。


 また、日本の2点目を決めた本田に賛辞を送るメディアも多く、『DH.be』は「本田がスタジアムを静まり返させた」と得点シーンを振り返ると、『HNL.BE』も「偉大なプレーヤー本田は完璧なプレーでベルギーの守備を破った」と、本田のプレーを称賛している。

柿谷 本田 岡崎ゴールシーン




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

亀田興毅 試合結果 韓国 動画 [ボクシング、スポーツ、芸能人、]

判定直後の会場は大きなブーイングに包まれた。

 韓国で行われたWBA世界バンタム級タイトルマッチは亀田興毅(27)が判定で同級14位の孫正五(32=韓国)を下し、日本歴代4位に並ぶ8度目の防衛に成功。日本人としては海外で世界王座を防衛した4人目のチャンピオンとなった。

 それにしても不可解な判定だった。亀田は5回、孫の右ストレートを顔面にくらう。9回には連打を浴びてサンドバッグ状態。10回は孫の左フックでダウンを奪われた。12回を終えると孫は勝利を確信。左右のまぶたを切った亀田はリングサイドで不安げな表情を見せていたことからも勝敗は明らかだったが、軍配はなぜか亀田に上がった。

 26戦20勝4敗2分けの孫はKOはたったの6回。07年に韓国スーパーフライ級王者となり国内で2階級制覇し、今回はバンタム級にクラスを上げて初の世界挑戦。しかも実戦は昨年12月以来。練習不足から上半身に筋肉はなく、カラダは真っ白。そんな相手でも亀田はKOできずに疑惑の勝利となった。

本人も負けたと思ったのだろう。
「コンディションは良かったけど、リングに上がったらピリッとしなかった。これも含めて実力。プロ10年ここまでやってきたし、1回考え直して見つめ直したい」と語っていた。

 亀田陣営は興行権のある試合はパンチ力のない、かなり格下の相手ばかりを対戦相手に選ぶ。3度目の防衛戦となった11年12月のマシアス(メキシコ)戦以後、KO勝ちはなく、この日も大苦戦だった。

 弱い相手を選んでも倒せないのが亀田興毅のボクシング。WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(31)が「統一戦をやろう」と言ってものってこないわけだ。

亀田10Rダウンシーン


ファイナルラウンド



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サッカー日本代表オランダ戦試合結果 動画 [サッカー Wカップ ワールドカップ]

サッカーの国際親善試合、日本代表-オランダ代表が16日、ベルギーのゲンクで行われ、日本は0-2の劣勢から追い付き、2-2で引き分けた。

オランダは前半13分にファンデルファールト、39分にロッベンが得点を決めてリードしたが、日本は44分に大迫(鹿島)のゴールで反撃。後半15分には本田(CSKAモスクワ)が同点ゴールを決めて追い付き、そのまま分けた。

 世界ランキングは日本が44位で、オランダが8位。対戦成績は日本の1分け2敗となった。

後半は日本のペースで香川 柿谷選手が決定的な場面を作ったが決め切れなかった。

ザッケローニ監督 大迫 本田 長友 長谷部選手のインタビュ-


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

山中 ボクシング テレビ 11月10日動画 [ボクシング、スポーツ、芸能人、]

「WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(10日、両国国技館)

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)が挑戦者のアルベルト・ゲバラ(メキシコ)を9回25秒KOで下し、5度目の防衛に成功した。山中は4試合連続のKO防衛。

8回には神の左炸裂!当たっていないのに相手ゲバラはダウン。一瞬でも恐怖を感じて本能的にダウンした感じでした。

その時のシーン


9回KOシーンまさに山中神の左炸裂!!!



試合後のインタビュー山中選手余裕ですね!



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。