So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ

日本代表 サッカー ベルギー 放送 [サッカー]

日本代表 サッカー ベルギー 放送

国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で逆転し、ベルギーの反撃を1点に抑えて3-2と勝利を収めた。


 ベルギーの各メディアは同試合について、寸評を展開。『SPORTWERELD』は、「日本はコロンビアのように非常に強いチームだった」と、14日に同じくベルギーのホームで対戦し、0-2で敗れた南米の強豪コロンビアを引合いに出し、日本を称えた。


 また、日本の2点目を決めた本田に賛辞を送るメディアも多く、『DH.be』は「本田がスタジアムを静まり返させた」と得点シーンを振り返ると、『HNL.BE』も「偉大なプレーヤー本田は完璧なプレーでベルギーの守備を破った」と、本田のプレーを称賛している。

柿谷 本田 岡崎ゴールシーン




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表 ガーナ 動画インタビュー [サッカー]

日本代表 ガーナ 動画

試合後のインタビュー 遠藤 ザッケローニ監督 本田 香川 柿谷


キリンチャレンジ 日本3―1ガーナ(2013年9月10日 日産ス)

 サッカーの日本代表は10日、横浜・日産スタジアムで親善試合を行い、10年W杯ベスト8のガーナ代表にMF香川とMF本田のゴールなどで3―1と逆転勝ちした。

 本田とともに日本の攻撃陣を引っ張る存在の香川が魅せた。0―1の後半5分、左サイドのMF香川がドリブルで中央へ切れ込んだ。ほぼゴール左45度の位置から右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール左隅に飛び込んだ。

 チームとして計25本のシュートを放った6日のグアテマラ戦ではシュート1本で無得点。そのうっ憤を晴らす個人技でゴールマウスをこじ開けた。

 FIFAランキング37位の日本が同24位のガーナをホームに迎えての一戦。FWボアテングら主力を欠き、直前にW杯予選をこなしての来日となったガーナは後半、運動量と集中力が落ちたが、日本は攻勢をゆるめない。

 同19分に、MF本田のヒールでのワンツーを受けたMF遠藤が右足で逆転のゴール。

 そして同27分には左サイドの遠藤からFKをゴール前のMF本田が頭で押し込み追加点。リードを広げた。

 一方、守備では先制を許した。前半24分、速攻から日本の左サイドで起点をつくられた。ファーサイドのMFアチェアンポングにボールがわたり左足で放ったシュートが、ブロックにいったDF内田の背中付近に当たり、角度を変えてゴール左隅に飛び込んだ。

 それでも格上のガーナに逆転勝ちした日本。決めるべき人がきっちり得点を挙げて、ホームで勝利を手にした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。