So-net無料ブログ作成
Jリーグ サッカー スポーツ ブログトップ

サッカー 日本代表 グアテマラ戦試合結果 動画 [Jリーグ サッカー スポーツ]

キリンチャレンジカップ2013が9月6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦した。
 日本代表は大迫勇也や森重真人、西川周作らが先発に名を連ね、本田圭佑や内田篤人、今野泰幸といった面々がベンチスタートとなった。
 序盤から日本はボールを支配すると、6分に長谷部誠が香川真司との縦のパス交換でペナルティエリア内に侵入。右サイドに流れて中央に折り返すと、香川がダイレクトで狙ったが、相手DFに当たり、枠の上へ外れた。11分にはスローインから岡崎慎司が右サイドの深い位置まで侵入し、クロスボールに清武弘嗣が頭で合わせたが、ゴール左へ逸れてしまった。
 20分に日本は、長友佑都の縦パスを香川がヒールで前線へ送ると、ペナルティエリア内左を抜け出した清武がシュートを放つが、GKに防がれた。そこから得たCKでショートコーナーから遠藤保仁のクロスに森重が頭で合わせたが、これも枠の上へ外れた。直後にも大迫や清武がミドルシュートを放つなど、日本は積極的に攻める。33分にも香川と遠藤のワンツーから最後はエリア内中央の大迫にボールが出たが、シュート直前に相手DFがクリアした。
 40分に日本は、右からのコーナーキックを相手GKがキャッチし損ね、こぼれたところを吉田麻也が左足のボレーシュートを放つも、これも枠をとらえきれない。前半は日本が攻め込みながら、無得点で折り返す。
 後半に入り日本は、清武に代えて本田、大迫に代えて柿谷曜一朗を投入する。すると日本は50分、左サイドの高い位置まで長友が持ち上がりクロスを上げると、ファーサイドの本田が頭で押し込み、先制に成功する。
 得点後も相手陣でプレーする時間の続く日本は、66分に本田から左サイドの香川へ浮き球のパスが渡り、ダイレクトで中央へ戻すと、柿谷を経由して最後は本田がシュートするが、GKに弾かれてしまった。
 69分、日本は右CKをショートコーナーで再開し、一旦後ろへ戻すと長谷部が絶妙のスルーパスを香川へ通し、中央への低いクロスに、後半途中出場の工藤壮人がニアに飛び込み、ネットを揺らして追加点を挙げる。75分に日本はゴール正面で本田がファールを受ける。ここでアルベルト・ザッケローニ監督は香川に代えて今野を投入して3バックにシステムを変更。再開直後のFKは、遠藤が直接狙うと、壁に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれて、決定的な3点目を獲得。守ってもグアテマラに決定機を与えず、3-0で勝利した。

 日本は、6月11日に行われたワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦以来、8試合ぶりの完封勝利となった。日本は10日にガーナ代表と対戦する。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本代表 ブルガリア戦 速報 [Jリーグ サッカー スポーツ]

サッカー 日本代表 ブルガリア戦 速報

5月30日日本代表対ブルガリア代表の親善試合は

日本が0対2で惜しくも負けてしまいました。



FIFAランキング30位の日本に対してブルガリアは55位。

前評判では日本代表が2点差で勝利すると思われていましたが、

反対の結果となりました。

私個人的に試合を見た印象としては、

ブルガリアはチームが組織的で個人の能力より組織が

凄く出来上がっていた印象です。

目を見張ったのはオフサイドの取り方が素晴らしかった。

それに対し日本代表は、中盤でのボールのまわし方はうまいのですが

肝心な攻撃に関してはうまくかみ合っていなかった印象です。

香川選手の個人技は素晴らしかったのですが、

他の選手は目立った活躍はあまりありませんでした。

親善試合のため手を抜いた訳ではないと思いますが、

(ホームで4万人もサポーターが入っているのに・・・・・)

クラブチームのポジションの立場が違うためなのか

個人の積極性が少なかった印象です。(香川選手以外は)

ひとつ思ったのですが、

ボクシングのランキングのように

親善試合とはいえFIFA公認の試合なのでランキングの

順位を入れ替えたほうがもっと盛り上がると思いますが

皆さんをどう思いますか?(そうでないと実際格下の相手に

負けても立場が変わらないのはいかがなものか。)

そうなるとお互いもっと真剣勝負になり順位の上のチームは

多くの国から試合の申し込みがありもっと面白くなるのでは

ないか?と思います。たとえば日本がFIFAランキング1位の

スペインに勝ったら日本が1位になり、その日本を引きずりおろそうと

ドイツらブラジルが試合を申し込む。

なんてなったら面白いですね!

とりあえず今日の試合は反省して、

本番のオーストラリア戦(6月4日)に期待しましょう!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

jリーグ20周年 2013 [Jリーグ サッカー スポーツ]

Jリーグ20周年 2013

1993年5月15日、国立競技場で行われた

川崎(現東京V)-横浜Mで開幕した

Jリーグは、2013年5月15日で20周年を迎えます。

当時はサッカーと相撲が今以上に盛り上がっていました。

サッカーは忘れもしません

日本はワールドカップ予選でドーハの悲劇を経験し

あと、一歩のところでワールドカップ出場を逃しました。

その時の動画


この瞬間、

日本が悲願のワールドカップ出場を逃したのです。

今でも鮮明に覚えています。

現地開催でしたので日本では夜11時か12時頃だったと思います。

体の力が抜け、放心状態でした。その日は一睡も出来ませんでした。

その位ショックを受けたことを覚えています。

みなさんの中にも同じ体験をした方も多くいると思います。

その位日本中が注目した試合でした。

その年Jリーグが開催されました。

当時の盛り上がりはほんとサッカー一色でした。(凄い盛り上がりでした!!!!)

今で言うと

2011年ワールドカップで優勝した

なでしこジャパンのような感じですかね。

そんな感じで盛り上がってました。

その時の瞬間



当時スーパースターだったキング・カズをはじめ、ラモス瑠偉、北沢豪、中山など、

みんな夢中になって見てました。

今で言うと

香川、本田、清武、乾 長友のような感じですかね!(当時はもっと盛り上がっていました。)

また、当時は相撲も人気がありました。

その理由は若貴兄弟・宮沢りえ。

当時貴乃花と宮沢りえさんが付き合っていて、キング・カズも

相撲が好きなのか貴乃花と交流がありよくマスコミに取り上げられていました。

それからもう20年も経つのですね。。。。。

今日の記事でキング・カズのことが載っていました。

キング・カズも今年で46歳になりましたか。

「サッカー界は変わったけど、自分はあのころと何も変わらない。

サッカー少年のままだよ」

カズらしい発言です。

だから今でも輝いているのですね。

私の中では今でもスーパースターです。

あっという間だった20年。

「でも、あの試合のことはよく覚えている」という。

5万9626人の大観衆が押し寄せた横浜Mとの開幕戦。

「マリノスに勝てなかった」。

V川崎のFWとしてフル出場しながらゴールを奪えず、

1-2で敗れた。悔しさを胸にV川崎を初代王者に導き、

自身は最優秀選手に輝きました。

今は、海外に押されているJリーグですが、

Jリーグあっての現在(いま)があるのです。

そう、

強くなった日本サッカー。

アジア1位になった日本サッカー。

近い将来ワールドカップ優勝もあるかも。

そうなればまた、Jリーグも盛り上がりますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
Jリーグ サッカー スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。